新人看護師は毎日が勉強です。基礎は専門学校で学んでいますが、何もかもが始めての事で戸惑ってしまう事ばかりだと思います。そんな中でもまず初めにビックリする事が、医療用語の多さだと思います。
例えば、一般的には床ずれ、学校では褥そう、臨床ではデクビと言ったり、寒気の事をシバリングと言ったりします。学校で学んできた言葉とは違う言葉が、病院によっていろいろあります。新人看護師にとって看護技術を学び、上達する事が1番ですが、医療用語を覚える事も重要になります。
病院によっては用語集がある場合もありますので、メモを取り覚えていく事が大事です。または、先輩看護師が言った言葉の意味をその場で聞いたり、後で調べたりして覚えていく必要があります。自分専用の用語集を作って常に持ち歩く様にし、わからない言葉はすぐに調べられる様にしましょう。
医療用語は、聞いているだけでは中々覚えられません。自分でも使う様にし、習慣付ける事が大切です。ただ、看護記録には正式な言葉で書かなければいけないなどのルールがありますので、混乱してしまいがちになると思います。
患者の家族に状態の説明をする際にも、一般的な言葉で伝えなければいけません。患者や家族と話をしている時に、いつもの癖で「デクビ」などと言ってしまっても、その言葉の指す意味が分かる人は少ないことでしょう。そのため、きちんと使い分ける事が大切です。看護師をしていると、自分は普段当たり前に使っている言葉でも、一般的には聞きなれない言葉なのです。