医療用語に不安を持つのは新人看護師なら当然のことだと思いますが、その不安が大きい場合には働き方からよく考える方が良いでしょう。単純に病院に勤めると考えてしまうのではなく、あまり多くの用語を一度に覚えなくても仕事ができる職場を選ぶことが大切です。
一つの候補となるのがクリニックで、あまりシステム化が進んでいないこぢんまりとしたクリニックを選ぶと楽になるようです。クリニックでは、限られた専門領域に仕事が限られるため、覚えなければならない医療用語が少なくなり、基本的なものだけで済む場合が多いようです。
専門病院との違いは、患者と接する時間が長いことであり、うっかり意味の通じない用語を使用してしまわないように、普段からそれほど用語を使わないように心がけている病院もあるようです。そのような病院を入り口にすると、少しずつ必要な用語を覚えていけることでしょう。
もう一つの候補となるのが、大学病院です。もともと教育を担うことが目的の半分となっている大学病院では、必然的に教育システムが充実しています。プリセプターシップが整っていてわからないことが聞きやすかったり、新人研修で覚えるべきことを一覧にして渡してくれたりする大学病院はよくあるようです。新人看護師としてやはり病院で働きたいと考えたら、大学病院に勤めると医療用語に不安があっても学びやすい環境が整っています。
このような選択肢から職場を選ぶことによって、不安を払拭して働けるようになることでしょう。