仕事をするうえで、誰でも新人からスタートするものです。
例えば、一部業種でアルバイト経験があるといっても、社員としての入社ははじめてであり、経験はアドバンテージになりますが、時として増長につながることもあるので注意が必要となるでしょう。新人にとってもっとも大切なものは、素直さと勤勉、先読みであり、教えられたことをしっかりと身に着けつつ、相手の求めるものを模索してくことが必要とされています。ただそのためには、仕事について学ぶ必要が出てくるので、職業によって重点を置くポイントは変わってきます。
例えば新人看護師の場合は、まず最初に行うことは医療用語を覚えることで、単純に記憶するだけではなく、必要な作業や器具を一緒に学んでおくことが必要になります。医療の現場で知らないというのは許されず、新人であっても患者から見れば頼りにする看護師となります。そのため、スムーズに仕事をしていくためには、医療の専門用語と内容をしっかりと学んでおく必要があるのです。
これは看護学校時代にも行っていますが、病院それぞれに作法があって若干の違いが出てきますので、そういったところを見聞きして覚えることが大切になります。新人時代に過度な期待をされることや即戦力として考えられることはあまりありませんが、この間に何を学ぶかによって成長速度が変わってくることでしょう。病院それぞれのやり方に慣れること、そういった意味での医療用語を覚えていくことが必要になります。